samgha(サンガ)

 株式会社サンガでは2014年1月19日(日)に、スマナサーラ長老をお招きし、「高齢化」「少子化」「増税」「TPP」「尖閣諸島」「震災後の日本人のあり方」など、メディアで議論されている社会問題を、ブッダの智慧で解決するならば、どのような答えがでるのでしょうか。今回は、私たち日本人が抱える様々な社会問題の解決法について、スマナサーラ長老にお話しいただきます。

@仙台
テーマ『スマナサーラ長老が語る日本の未来』@仙台
【日時】2014年1月19日(日) 10:00〜18:00(9:30開場)
<講演会> 10:00〜12:00 スマナサーラ長老講演会
<昼休憩> 12:00〜13:30 曹洞宗様式の昼食をご用意しております
<瞑想指導> 13:30〜18:00 スマナサーラ長老による瞑想指導

●【会場】曹洞宗 虚空蔵山 大満寺

〒982-0841 宮城県仙台市太白区向山4丁目4-1
◎大満寺最寄りバス停は、八木山入り口、又は、向山四丁目です。
◎八木山入り口、向山四丁目、各バス停より、大満寺と金剛閣まで徒歩約5分位
◎バス停近くのスーパーマーケット『サンマリ』の向かい側が大満寺入り口
会場地図

【参加費】一般:2,000円(昼食付)
サンガジャパン定期購読ご契約の方:1,500円
参加当日に定期購読ご契約の方:無料(別途、定期購読料6,804円)
※お支払いは当日清算となります。

スマナサーラ長老写真【プロフィール】
アルボムッレ・スマナサーラ
テーラワーダ仏教(上座仏教)長老。1945年4月、スリランカ生まれ。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学の教鞭をとる。1980年に国費留学生として来日。駒澤大学大学院博士課程を経て、現在は日本テーラワーダ仏教協会で初期仏教伝道とヴィパッサナー瞑想指導に従事している。NHK教育テレビ「心の時代」出演の他、朝日カルチャーセンター講師としても活躍。著書に『ブッダの実践心理学』(藤本晃氏との共著)『怒らないこと』『怒らないこと2』『怒らない練習』(以上、サンガ)、『心がスーッとなるブッダの言葉』(成美堂出版)、『ブッダが教えた本当のやさしさ』(宝島社)など多数ある。

主催(株)サンガ
協力 西山廣宣/曹洞宗 虚空蔵山 大満寺/NPO法人 役立ちや/サラナ・ヴィハーラ
予約方法:件名を『@仙台』『スマナサーラ長老が語る日本の未来@仙台』講演会とし、お名前、人数、お電話番号、参加形態を明記の上、samghaclub@samgha.co.jpまで。


当日、長老に答えてもらう社会問題のテーマを募集しています。時事的な問題などで、長老に答えてもらいたいことがありましたら、予約の際に質問も添えてご連絡下さい。

■原発問題、再稼動を計画する政府に国民は怒っている。その怒りは間違いか。
■憲法を改正しようとしている。軍隊を持とうとしている。私たちはどうしたらよいか。
■「私」が感情を離れて、怒りを納めたら、世界は平和に成るのか。


メール予約受付窓口:samghaclub@samgha.co.jp
電話:03-6273-2181/FAX:03-6273-2182