Blog ブログ

2018.03.30

社長ブログ

「花まつり」

「花まつり」という言葉は、僕は幼少期、
仙台の天苗幼稚園に通っていたころから親しみがある。
その幼稚園は、母の実家のお寺が運営している。
まさに仏教の幼稚園だ。

そこでは毎年4月8日になると、
天使のような服を着てホールに集まり、
金色の画用紙で作った丸い硬い紙を、
歌いながら投げていた記憶がある。
どうして金色の丸い紙を投げていたのかは、よく分からない。
たぶん神々を呼んでいたのかも知れない。
仏教系の幼稚園に行った人は、同じことをした人もいると思うので、
分かる人がいたら教えてほしい。

ちなみに、この「花まつり」という言葉は
浄土宗が明治時代に広めたらしいが、
とにかく僕は「花まつり」という言葉を聞くと、
いつもふわっとしたノスタルジーを感じる。

「お釈迦様の日」は、大乗仏教では3日ある。
まず、2月15日は、
お釈迦様の入滅の日である「涅槃会(ねはんえ)」だ。
4月8日の「花まつり」は、
お釈迦様の誕生日で、「灌仏会(かんぶつえ)」と呼ばれる。
そして、12月8日は、お釈迦様が悟りを開かれた日である
「成道会(じょうどうえ)」である。

禅宗では、特にこの成道会を大切にしていて、
12月1日からの1週間は、お釈迦様にならって徹底的に坐る。
朝から晩まで、2~3時間の睡眠で坐り続ける。
特に、「明けの明星を見て悟られた」という故事にちなんで、
12月7日は寝ずに坐る。

 

また、テーラワーダでは
この「涅槃会」「灌仏会」「成道会」の3日を一緒にして、
「ウェーサーカ祭」として5月の満月の日を選んでお祝いする。

だからテーラワーダ仏教徒になってからは、
4月8日の花まつりは縁のないものだと思っていた。

でもテーラワーダ仏教協会で花まつりをやっているのを見て、

2017年テーラワーダ仏教協会主催の花まつりポスター

 

「テーラワーダでもやるんだ」

と思って、
そのまねをしてサンガでも「花まつり」をやることにした。

 

お釈迦様の生涯を辿るのは、
仏教徒にとっては必須のことだと思う。

その中でも、この3日は大きな出来事だ。
生まれてすぐ7歩歩かれて、「天上天下唯我独尊」言われたという「灌仏会」

「天上天下唯我独尊」を唱え天を指すブッダ像。

菩提樹の下で悟られた「成道会」
クシナガラで涅槃に入られた「涅槃会」

お釈迦様の、その凄すぎる生涯の中でも、
特に親しみを感じるのがこの「花まつり」だ。

お釈迦様の誕生仏に、甘茶を掛けてお祝いをする。
お釈迦様の誕生をお祝いして、
天から龍が、または神々が降りてきて、
香油で祝福したというエピソードにちなんでいるらしい。

なんとも微笑ましいこのお祭り。

今年の4月8日は日曜日で、
思いを馳せるのにはちょうどいい。
僕もこの節目の日に、襟を正したいと思う。

 

<サンガ通販サイトより>

フェアアイテムはコチラ

花まつりを記念し、
ささやかながら
サンガ花まつりセットをご用意いたしました。
フェアページにある10尊の仏像

(スリランカ中心ですが、タイ、ラオス、インドも一部含まれています)

のどれかを購入いただいた方先着7名様に
下記の厳選アイテムプレゼントいたします。

- - - - - - - - - - -
*『ブッダの日常読誦経典[ブックレットのみ]』
*スリランカティー(ティーパック5袋)
*スリランカのお香
- - - - - - - - - - - - -

スリランカの香りがしてくるようなサンガ流の

コーディネートです。

 

追伸、明日3月31日はウポーサタ(満月)の日、

仏教徒が修行に励む日ですね。

どうぞご自愛ください。