Blog ブログ

2019.04.29

編集部

『Samgha JAPAN vol.32「身体と瞑想」』のご案内

GWのお供にサンガジャパン

サンガ読者のみなさま、こんにちは。

連休を満喫されていますか?

さて、連休中の読み物にもオススメの新刊 『Samgha JAPAN vol.32「身体と瞑想」』のご案内をさせていただきます。おうちでのまったり読書、お出かけ、旅のおともなどにぜひご活用ください。

 

綿本彰先生のご紹介

今回私、荒金が担当した記事のひとつ、ヨガ界の異端児の異名をとり、私のヨーガの師匠でもある、綿本彰先生の「まみれた自己から瞑想の深みへ」について書かせていただきます。

私とヨーガとの出会いは高校時代に遡りますが、本格的に自身の修行として心身ともに向き合う準備が整ったのは、ここ数年といえます。その間ご縁があり、綿本彰先生のとティーチャー·トレーニングを受けさせていただくという幸運にも恵まれました。坐禅、ヨーガを私自身の修行の柱とし、綿本先生の稽古を続けるほどに、綿本先生の伝えていらっしゃるヨーガと禅との接点を強く感じることが多くなりました。感覚的なもので、言葉ではうまく言い表せないのですが、いつしか、坐禅を多様な身体アプローチから取り組まれている、藤田一照先生とお引き合わせしたら、と思案するようになりました。昨年春頃、先生方に企画をご相談したところ、綿本先生にも藤田先生にもご興味を持っていただき、快諾くださいました。そして綿本先生が発起人のひとりでもある、ヨガフェスタ2018 年のプログラムのひとつとして、「禅とヨガと身体」という大舞台をご提案いただきました。

 

藤田一照師との対談を収録

この対談とワークの模様は、今号にもダイジェスト版を採録させていただいておりますが、 ー初対面とは思えない、おふたりの息の合った化学反応は、ぜひ本文をご一読いただければと思いますー 2時間という時間制限もあり、この記事だけでは、綿本ヨーガの魅力がサンガ読者に伝わりにくいのではないかと懸念が残りました。(註 : 藤田先生は、ヨガフェスタに先駆けて行われた、慶応大学での「道の学校」の取材の掲載が決まっておりました。) どうにかして、綿本ヨーガのエッセンスを味わっていただきたく、追加取材を依頼しました。昨年の暮れに行われた本インタビューでは、綿本ヨーガを知る末弟子のひとりとしてではなく、ヨーガと綿本先生に最大限敬意を払う、一読者の目線でお話を伺うことを心がけました。綿本先生の数多いご著書とは異なる切り口を打ち出したい、とチャレンジングな目標も掲げました。ご自身の個人史的な軌跡を辿っていただこうと、影響を受けた書籍も紹介いただきながら、質問を試みました。どこまで綿本ヨーガの魅力が、綿本ワールドの一面が引き出せたかは読者のみなさまのご判断に委ねます。先生の独特な言い回しも感じ取っていただければと願っております

棉本先生によるサンガジャパン紹介動画

 

綿本ヨーガスタジオ2019年5月末閉鎖

時代も平成から令和に変わろうとしています。はからずも、綿本ヨーガスタジオが5月末で閉められるという告知の直後に、今号が刊行されることになりました。綿本ヨーガスタジオ、綿本彰先生、そして様々なかたちで綿本彰先生の教えを受け取ってきた方々にとっても節目となるこの転換期に、綿本先生のインタビューを掲載させていただくことができ、感無量のひとことに尽きます。

まだ少し早いですが、綿本彰先生、綿本ヨーガスタジオの先生方、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

今後のみなさまのご健康、ご多幸と今後のより一層のご活躍を心より祈念いたします。

感謝の気持ちを添えて···

合掌

 

『サンガジャパン Vol.32――特集「身体と瞑想」』

編:サンガ編集部
発売日:2019年4月25日
本体2,000円+税

—————————–
≪サンガ通販サイト(ポイント10倍) 購入はコチラ〉
≪サンガジャパンの定期購読3冊分購入は10%OFF 購入はコチラ

≪富士山マガジンからのお申し込みはコチラ

—————————–
■目次

●特集「身体と瞑想」 
「「取る」は苦しみの道、「捨てる」は幸福の道」
アルボムッレ・スマナサーラ

「身体を整えることへの目覚め」 横田南嶺 
「禅僧と医師、瞑想スクランブル」 横田南嶺×熊野宏昭 
「ヨーガの息で観てみよう」塩澤賢一 
「禅とヨガと身体」 藤田一照×綿本 彰 
「まみれた自己から瞑想の深みへ」 綿本 彰 
「ソマティック禅への誘い」藤田一照 
「流転輪廻という混沌を体現する」 ビー・シェーラー/川本佳苗 
「チャルーン・サティ(気づきの瞑想)実践者の瞑想と身体観」 浦崎雅代  
「日本伝統仏教者のためのマインドフルリトリート」アルボムッレ・スマナサーラ 
「テーラワーダ仏教的身体との付き合い方」影山幸雄 
「「人はなぜ瞑想するのか」人間の苦悩の本質とむきあう本」 三砂慶明 
「山とマインドフルネス」 春山慶彦

●「「掃除」が繋ぐ仏教の未来」 松本紹圭

●連載
NEW!「誌上シンポジウム心理臨床と仏教 第1回」鮫島有理×井上ウィマラ 
16回「日本仏教は仏教なのか?」藤本晃

———————————————————-