Blog ブログ

2019.04.08

社長ブログ(ほぼ毎週金曜日更新)

灌仏会(かんぶつえ)――4月8日、お釈迦様の誕生日

幼稚園でのお釈迦様の誕生日

4月8日は、お釈迦様の誕生日とされている。
中国由来の話なので、大乗仏教系の記念日に違いない。

僕はもともと、叔母が経営する仏教系の幼稚園の出身だ。
仙台市にある天苗幼稚園である。

だから幼稚園の頃から、
自然とお釈迦様のお誕生日に接していたのだ。

なので、ことさら、この日への思い入れは強い。

その日は、白い服を着て、画用紙を丸く切って、
その上から金色の色紙を貼り、
歌を歌いながら、その丸い画用紙を投げながら、みんなで回っていた。

なんの歌だったか、曲名は忘れてしまったのだが。

今でもこの日を思うと胸が少し踊る。

まぁ、冷静に考えれば、
非日常の特別な行事が行われていたから、
楽しくなっていたのだろうと思う。

でも、仏像というと坐像や立像がほとんどだが、
灌仏会のときは、誕生仏に甘茶をかけるとういう
いつもとは違う習慣だから、
やはり特別感がある。

 

ルンビニーでの誕生についての法話

2月に行った「スマナサーラ長老と行くブッダ八大聖地巡礼」では、
長い時間をかけてネパール領に入り、ルンビニーに行った。

仏教の「四大聖地」というとき、
第一の聖地はルンビニーらしい。
以前は森の中にあり、
来る人全員が穏やかな気持ちになる、そんな場所だ。

紀元前三世紀にアショーカ王が建てた、
石柱が建っている。(『ブッダ聖地』参照)

スマナサーラ長老は、ここで説法した。
このときのスマナサーラ長老の説法・法話は、
特に印象深かったらしく、その話をする人は多い。

このときの法話は、いずれ機会を変えて紹介したいと思う。

北に向かって七歩歩かれ、天上天下唯我独尊と言われたという。
右手を高く上げ、天に向かって指をさしている。

誰かが「なんでこんなにお腹がでてるの?」と言っていたが、
お腹の大きさは、徳の象徴なんだと思う。

他の仏像もそうだが、両耳が大きく、毅然とした尊顔がうかがわれる。

以前、タイに行ったときに
手製と思われる誕生仏を一尊買ってきた。

これは僕も売りたくなかったが、またたく間に売れてしまった。

今回は、
「大の誕生仏」(1尊)と、
「小の誕生仏」(3尊)と、
「真鍮製の誕生仏」(5尊)
がある。

僕も仏像は大好きだが、
その中でもユニークなこの誕生仏1尊は、
僕も欲しいと思う。

みんなはどうだろう?

誕生仏

向かって左から、

誕生仏(沙羅双樹の木製)【SOLD OUT】

大の誕生仏

小の誕生仏

真鍮製の誕生仏

欲しい方はこちら(限定品につき早いもの勝ち)