Blog ブログ

2019.02.03

コラム

苫米地英人博士監修 近未来瞑想用坐布「蓮華坐布」登場!!!

サンガ特製坐布の苫米地英人博士監修による超スペシャルヴァージョン

認知科学者であり、サンガから『近未来のブッダ』を近日上梓する苫米地英人博士の監修による、特別ヴァージョンの坐布を制作しています。

 

苫米地英人博士監修

近未来瞑想用坐布

蓮華坐布

特別特典付(セミナーご招待)

通常価格:¥ 216,000 税込

2019年2月末発送予定 先行予約 受付中 【限定30個】

 

「この坐布で瞑想したら、抽象度が究極まで上がる可能性があるね。」写真の坐布は試作品。生地はここからさらに特別なヴァージョンへと進化した。

近未来のブッダが坐るにふさわしい坐布

世界でここだけにしかない、特製坐布です。

苫米地英人博士の全面協力のもと、デザインから中身にいたるまで、近未来のブッダになるために欠かせない、抽象度の高い意識を実現するために考えつくされています。近未来のブッダが瞑想するにふさわしい坐布です。

クリスタルでエネルギーをクリアにアンプリファイする

苫米地博士の助言により中身にクリスタルを入れています。エネルギーをクリアに増幅します。

試作品に坐って仕上がりを確かめる苫米地博士。菩薩を超えて如来の気配が漂っている。

パリコレデザイナーによるオリジナルテキスタイル

生地のデザインはパリコレに参加するテキスタイル・デザイナーの宮下珠樹さんが担当。宮下珠樹さんは忌野清志郎氏のステージ衣装をデザインも手掛けるなど、ハイレベルのセンスと強いエネルギーを感じさせるデザインが特徴です。

宮下珠樹さんの作品。世界の超一流メゾンに愛され、忌野清志郎さんの最後の武道館ライブのステージ衣装も手がけた。

これがデザイン原画だ

今回の「苫米地英人博士監修 近未来瞑想用坐布『蓮華坐布』」では、近未来のブッダが坐るにふさわしい、蓮の花をモチーフに、鮮やかで日常を超越した次元が表現されています。

デザイン原画。ここから実際の生地に織りあがっていくと、予想を遥かに超えた世界が展開する。

苫米地英人博士×

テキスタイル・デザイナー宮下珠樹【パリコレ参加!】×

サンガコラボ企画!

試作品と生地のヴァリエーションを苫米地博士に提案する宮下珠樹さん。生地の色味を厳密に検討して、試作品からチェンジした。苫米地博士のメタ視点と宮下珠樹さんのハイセンスが融合した超絶のデザインとなった。

生地を織る

 

デザインが決定して2019年12月に生産工程に入った。限定30個のための生地が織り上げられていく。素材はポリエステル100%。

 

「止観明静」が瞑想を支える

 

苫米地英人博士の座右の言葉「止観明静」の揮毫を、署名の直筆サインと共に坐布側面の生地に織り込みました。「止観明静」は天台摩訶止観の言葉。「止観」とは、仏教用語で、ブッダの使っていたとされる古代インドの言語のパーリ語ではサマタ・ヴィパッサナーと言います。「止 サマタ」とは一つの対象に意識を集中して心を清浄な状態にする瞑想のこと。「観 ヴィパッサナー」とは、自他の一切の事象をつぶさにありのままに観察すること。ブッダの瞑想法そのものを表しています。そしてその止観は「明静」なるものであると。博士の揮毫を織り込んだことで、語弊を恐れずに言えば、極めて波動の高い坐布に仕上がったと言えるでしょう。

苫米地博士の揮毫。この直筆をかたどりして生地に織り込んだ。

揮毫が金色のラメ糸で織りこまれている。

サインも美しく織り込んだ。

拡大するとこのように繊細な織りである。

 

 

 

購入者のみの特別特典

通常50万円以上の価値のある、月に1回開催の苫米地ワークスクラスに、「蓮華坐布」ご購入者の方を1回ご招待します。クラスでは、瞑想、気功、武術など苫米地英人先生の秘伝が教授されます。

 

 

 

【限定30個】

予約受付中!

完成は2月末予定。

予約いただいた方から順に発送。

お申し込みは下記から。

 

苫米地英人博士監修 近未来瞑想用坐布 蓮華坐布

蓮華!

 

 

 

©copyright Samgha Inc.