Blog ブログ

2019.03.18

編集部

解脱失敗とその懺悔――小池龍之介さんからの電話

解脱の旅、その後の真実

 

こんにちは。編集長の佐藤由樹です。

今日、2019年3月18日、
サンガ仙台本社に一本の電話がかかってきました。

電話を最初に受けた者は
「小池さんからお電話です」と言います。

小池さん? もしかして?……と思い、
受話器を受け取りました。

 

「こんにちは。小池龍之介です」

 

それは、私にとって、
とても聞きなれた声でした。


〔小池龍之介先生(2018年8月27日/鎌倉・月読寺にて/撮影:一ノ瀬健太)〕

 

前野隆司先生との対談書『幸福の波動』
対談収録直後の2018年9月に、
解脱を到達するための
瞑想修行生活に入られた小池龍之介先生。

世界の各地を放浪しながら瞑想修行に励み、
「早ければ1年強、
または7年未満には、解脱するでしょう」
とおっしゃって旅立ちました。

まだ1年も経っていないのに、なぜ?と
とても不思議な気持ちになりました。

いったいどうしたのでしょうか?


〔小池先生最後の対談書『幸福の波動』 2018年11月〕

 

小池龍之介先生からの驚きの告白

小池先生は穏やかで、落ち着きながらも、
しっかりとした清々しい声で、話を始めました。

 

「実は、今回お電話をしたのは、
お詫びと、懺悔と、お別れを、
佐藤さんにお伝えしたくお電話しました。

昨年、前野さんとの対談が終わる頃から、
解脱に近づいていることを、
書籍をはじめ様々な媒体で言ってきましたが、
それは修行者が陥りがちな『魔境』のような状態で、
自分がもうすぐ解脱できるという妄想になっていたようです。

そして、そのようなことを書いた書籍が刊行されるたびに、
悪いエネルギーとなって私に降りかかってきて、
修行の妨げになり、
瞑想ができない状態になってしまったのです」

 

小池先生は、対談書『幸福の波動』のあとがきで、
修行を完成させるための旅にでることを語り始めました。

そして私もこの書籍の帯に
「小池龍之介師は法名を小池空朴と号し、
解脱へ到達するための瞑想修行生活に入られた」
と書きました。

 


〔『幸福の波動』 帯の文章〕

 

その後、『解脱寸前―-究極の悟りへの道』(幻冬舎新書)
など、小池先生の解脱に焦点をあてた著書が刊行されていきました。

そうして小池先生の解脱の旅は、
私たちが注目する出来事になっていったのです。

 

「旅に出たものの、野宿を続けて、
過酷な状況に追い込まれていくなかで、
ほぼ消滅していると思っていた
自分の弱さや辛さに直面することになりました。

最初の頃は、その困難な状況を観察していられたのですが、
瞑想ができないと、
悲しみがたくさん出てくるような状態になってしまいました。
瞑想ができないので、その悲しみの中に埋没してしまい、
大粒の涙がポロポロと落ちることもありました。

このような苦しみを経験するにつれて、
旅に出る前は90%ぐらいにまで修行が進んでいると思い、
『もうすぐ解脱をする』と伝えてしまったのですが、
自分が置かれている境地が、
自分で認識していたよりも
ずっと低いんだということが実によく分かりました」

 

私は2009年に小池先生と出会い、
小池先生の著書『偽善入門』を編集しました。
(2012年には小学館文庫として刊行)


〔サンガ版の『偽善入門』。小池先生、2冊目の著書〕

 

「佐藤さんと初めて会ったとき、
修行の完成度が28点ぐらいだとしたら、
実際、現在はまだ30点ぐらいだということが分かりました。

それほどゆっくりとしてしか進んでいないのに、
旅に出る直前は90点ぐらいに到達していると思い込んでいました。

そのような誇大な表現は大きな罪であり、
みなさんに深く懺悔したいと思います」

 

そうだったのですか。
それでは、小池さん、いえ、小池先生は、
これからどうされる予定なのですか?

 

「あ、いま、佐藤さんが『小池さん』と
思わず言ったことが象徴的なように、
これからは人に偉そうに何かを教えたり、
本を書いたりすることはせずに生きていこうと思ってます。

何に関しても、絶対とは言えませんが、
とりえあえずの結論としては、私は還俗し、
仏教のお坊さんであるということそのものをやめようと思いました。

瞑想指導者であるとか、お坊さんであるとかいうことをやめて、
一人の人間として、しっかり瞑想をしながら、生きていこうと思っています。

ですから、これからは『小池さん』と呼んでくださいね」

 

そのように言う小池龍之介さんですが、
小池さんに聞きたいことは、まだまだたくさんあります。

私の本心としては、小池さんからさまざまなお話を聞いて、
いつか読者のみなさんに、お届けできたらいいなと、ひとり勝手に思っています。


〔左から、小池龍之介さん、編集部佐藤由樹、ライターの川松さん、前野隆司先生(2018年8月27日/鎌倉・月読寺にて/撮影:一ノ瀬健太)〕

 

Youtubeに小池さんからの期間限定メッセージ

小池龍之介さんは、期間限定でYoutubeにアカウントを設置し、
率直な想いを、5つの音声ファイルでお話しています。
以下にアドレスをご紹介しますので、よろしければお聞きになってみてください。

■1番目:懺悔1(小池龍之介より)
https://www.youtube.com/watch?v=QUikoLONNYg&t=2332s

■2番目:懺悔2
https://www.youtube.com/watch?v=FEpNZALPW1M&t=326s

■3番目:懺悔3
https://www.youtube.com/watch?v=1Bk5FBw0V40&t=42s

■4番目:これからと、御祈り
https://www.youtube.com/watch?v=vKTIK_b1xrw

■5 番目:追伸
https://www.youtube.com/watch?v=KkXwHO3dvOg