Blog ブログ

2018.11.14

豪華特典付 先行予約

K.N.ジャヤティラカ博士 論文集 第1弾 2018年11月23日刊行決定! 先行予約開始

スリランカ仏教哲学の巨人
アルボムッレ・スマナサーラ長老の原点

K.N.ジャヤティラカ博士 論文集 第1弾
2018年11月23日刊行決定!

本体:3800円+税
先行予約キャンペーン締切間近。

2018年11月19日12時まで

 

K.N.ジャヤティッレーケー博士

 

11月14日見本が届きました。

先行予約特典セット⑩【限定50冊】 ジャヤティラカ博士論文集 第1巻 定価の20%オフを追加しました。

 

 

先行予約特典セット⑩

ジャヤティラカ博士論文集 第1巻 定価の20%オフ (限定50冊)

通常価格 \3,800+税 限定価格 \3,040+税 ※お1人様何冊でもご予約購入いただけます。

 

先行予約特典セット②

ジャヤティラカ博士論文集 第1巻 + ミニチュアブッダ(1尊) 定価の20%オフ (限定10セット)

通常価格 \6,577+税 限定価格 \5,262+税 ※お1人様何セットでもご予約購入いただけます。

 

先行予約特典セット③

ジャヤティラカ博士論文集 第1巻 + 刊行記念講演会参加(または刊行記念講演会のDVDプレゼント)をセット 定価の20%オフ (限定10セット)

通常価格 \6,100+税 限定価格 \4,880+税 ※お1人様何セットでもご予約購入いただけます。

 

 

先行予約特典セット④

ジャヤティラカ博士論文集 第1巻 + ジャヤティラカ博士英語著作をセット (限定20セット)

限定価格 \6,000+税 ※お1人様何セットでもご予約購入いただけます。
第一弾翻訳とは別の著作で、ジャヤティッレーケー博士の代表的作品の一つ
『Facets of Buddhist Thought: Collected Essays』英語版とのセットです。

先行予約特典セット⑤

ジャヤティラカ博士論文集 第1巻 + 仏像1尊\15,000をセット 定価の32%オフ (限定5セット)

通常価格 \17,688+税 限定価格 \14,000+税 ※お1人様何セットでもご予約購入いただけます。

 

先行予約特典セット⑥

ジャヤティラカ博士論文集 第1巻 + テーラワーダ坐布をセット 定価の15%オフ (限定5セット)

通常価格 \9,355+税 限定価格 \7,840+税 ※お1人様何セットでもご予約購入いただけます。

 

 

先行予約特典セット①[OUT OF STOCK]

ジャヤティラカ博士論文集 第1巻 定価の50%オフ (限定15冊)

 

先行予約特典セット⑧[OUT OF STOCK]

ジャヤティラカ博士論文集 第1巻 定価の40%オフ (限定20冊)

 

先行予約特典セット⑨[OUT OF STOCK]

ジャヤティラカ博士論文集 第1巻 定価の30%オフ (限定30冊)

 

アルボムッレ・スマナサーラ長老の推薦映像

第1弾

『K.N.ジャヤティラカ博士論文集Vol.1』

収録内容

K.N.ジャヤティラカ博士の円熟期に発表された倫理に関する2つの論文集を収録します。
収録論文 1.
仏教社会哲学の様相
Aspects of Buddhist Social Philosophy

(1968年発表、The Wheel Publication/Buddhist Publication Society)

「仏教に対する最近の批判」
(A RECENT CRITICISM OF BUDDHISM)
「『バガヴァッド・ギータ』と仏教倫理の間の様相」
(SOME ASPECTS THE BHAGAVAD GITA AND BUDDHIST ETHICS)

Aspects of Buddhist Social Philosophy

 

収録論文 2.

仏教観からの倫理

ETHICS in Buddhist Perspective

(1973年発表、The Wheel Publication/Buddhist Publication Society)

1970年、ブッディスト・インフォメーション・センター(コロンボ)での講演記録

Ⅰ 仏教倫理の基礎(The Basis of Buddhist Ethics)
Ⅱ 仏教倫理の理想と究極的善(The Buddhist Ethical Ideal or the Ultimate Good)
Ⅲ 悪に対する仏教的概念(The Buddhist Conception of Evil)
Ⅳ 正悪の基準(The Criteria of Right and Wrong)
Ⅴ 仏教の倫理的理論(The Ethical Theory of Buddhism)

ETHICS in Buddhist Perspective

 

 

<K.N.ジャヤティラカ博士 プロフィール>
Kulatissa Nanda Jayatilleke

 

K.N.ジャヤティッレーケー博士

https://en.wikipedia.org/wiki/K._N._Jayatillekeより)

1920年11月1日 スリランカ・コロンボ生まれ。
コロンボのローヤル・カレッジを終了後、パーリ語とサンスクリット語を研究するためセイロン大学に学び最優秀学位を取得。その後、西洋哲学の確固たる知見を得るため、ケンブリッジ大学に留学。東洋と西洋の両方の考え方と哲学の分析的なアプローチを得たことは、その生涯を通して研究活動のバックグラウンドとなった。ヴィトゲンシュタインの生徒だった。修士号(カンタベリー大学)、博士号(ロンドン大学)取得。Nuffieldの人文科学、the World Academy of Arts and Sciencesなどの研究者を経て、1963年よりセイロン大学の哲学部教授、哲学部長を務めた。1970年逝去。

仏教哲学の権威として世界的に知られ、その代表作”Early Buddhist Theory of Knowledge”(1963年、未邦訳)は、「ブッダの教説の傑出した哲学的解説」とthe Encyclopedia of Philosophyに記載されている。
K.N.ジャヤティラカ博士の基本的な論点は、初期仏教は経験主義的な知見をもっており哲学的な分析のアプローチのための重要な場所を与えているというものであり、それは現代科学の発見と矛盾しないというものだ。

業績

K.N.ジャヤティラカ博士は仏教教理における経験主義的な見解を系統的に明らかにしようと試みました。そして現代哲学者の用語、言語と方法論を通して仏教を表現(あるいは説明)し現代に立ち上げようとしました。それによって仏教は現代世界と直接的に関連し、哲学的論争と現代人の問題を解決することに寄与しました。
K.N.ジャヤティラカ博士は、ブッダを単なる合理主義の哲学者とみなすことは間違いであり、ブッダは思弁的論拠より分析的論拠な価値観をもっていた強調しました。
K.N.ジャヤティラカ博士は、「新たな視点」からパーリ三蔵を議論し、その視点において三つの重要な要素を提示しました。それは、経験主義的見解・分析的アプローチ・科学的態度というものです。
博士は著作の中で、仏教における分析的アプローチとして、哲学的問いへの四つの考察方法を引用しています。

・断定的(明確)に説明されるべき質問

・その反対の質問によって答えられるべき質問

・保留・棚上げされるべき質問

・分析的に説明されるべき質問

K.N.ジャヤティラカ博士は、現代科学の発見に大変敬意をもっており、輪廻は科学的に証明される存在の仮説と考えていました。
認識論の分野における博士の基本的な論述とは別に、数多くの業績があります。
それらのうちで最も重要なものは、”Buddhism and the race question”(仏教と人種的に関する問い)と”The Principles of International Law in Buddhist Doctrine”(仏教教義における国際法の原則)です。

“The Message of the Buddha”は博士の死後に出版されたが、亡くなるまで執筆をつづけられた遺作も含んでいる。

【発表された著作】
・1963 Early Buddhist Theory of Knowledge. Publisher: George Allen and Unwin.
・1967 The Principles of International Law in Buddhist Doctrine Recueil des cours, Volume 120 (1967-I), pp. 441-567.
・1967 Dhamma, Man and Law. Leyden.
・1958 Buddhism and the Race Question with G. P. Malalasekera (English and French editions) Review author[s]: Andrew W. Lind Philosophy East and West, Vol. 8, No. 1/2 (Apr. ―Jul. 1958). UNESCO publication.
・1975 The Message of the Buddha Editor: Dr. Ninian Smart. Publisher: George Allen and Unwin 1974. Buddhist Publication Society 1975 (Posthumous work).
・Several Wheel Series Publications, Published by the Buddhist Publication Society, Kandy, Sri Lanka
・Buddhism and Science (Wheel #3)
・Buddhism and Peace (Wheel #41)
・Knowledge and Conduct (Wheel #50)
・Aspects of Buddhist Social Philosophy (Wheel #128/129) 【論文集第1巻に収録】
・Survival and Karma in Buddhist Perspective (Wheel #141/143)
・Facets of Buddhist thought (Wheel #162/164)
・Ethics in Buddhist Perspective (Wheel #175/176) 【論文集第1巻に収録】
・Significance of Vesak (Wheel #178)
・Buddhist Attitude to Other Religions (Wheel #216)
・Contemporary Relevance of Buddhist Philosophy (Wheel #258)
・Facets of Buddhist Thought: Collected Essays, Buddhist Publication Society, Kandy 2009. (Contains all of Jayatillekes essays & articles including the ones previously published in The Message of the Buddha.)

 

翻訳者 川本佳苗氏によるWebサンガ近日連載開始!

気鋭の若手仏教研究者で本書の翻訳者である川本佳苗氏による、初期仏教を中心とした仏教学の最近の動向と翻訳の裏話、東南アジアの仏教の現在などをウェブでの連載を開始します!

川本佳苗(かわもと・かなえ)
京都府生まれ。京都大学東南アジア地域研究研究所研究員。専門は仏教倫理(自殺・自死)と東南アジアの瞑想実践・仏教文化。2008年よりミャンマーの国際テーラワーダ布教大学に留学し、パオ(パーアゥッ)瞑想院で尼僧として修行する。2014年にタイのマハーチュラーロンコーン大学で修士号を取得後、日本学術振興会特別研究員(DC)・ベルン大学宗教学研究所研究員を経て、2017年に龍谷大学大学院で博士号を取得。国内外で広く活動し、”Love Incessantly Flows: Mae Naak, a New Asian Opera Heroine Born out of a Thai Buddhist Narrative“(Contemporary Buddhism、2017)、「パーリ経典に描かれる比丘の自殺と対話の意義」(『別冊サンガジャパン④ 死と輪廻』、2018)など多数の論文を発表。Website: https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/organization/staff-2/kawamoto/

予約購入特典付
先着限定割引

先行予約はこちら