SAMGHA CLUB サンガくらぶ

「サンガくらぶ」は、著者を講師としてお招きし、書籍の魅力をリアルに体験できる読者参加型のオリジナルイベントです。

第35回サンガくらぶ

日程

2017年8月10日(木) 19:00 ~ 21:10(18:30開場)

タイで出家され30年あまり、現在は西洋を代表するテーラワーダ仏教僧院であるアチャン・チャー長老の直系のアマラワティの副僧院長として、世界中から訪れる出家、在家の人びとに仏法を伝え瞑想指導をしているニャーナラトー師のお話を聞く貴重なチャンスです。師の法話は「total relinquishment(全てを手放すこと)」や「surrender to this moment」など示唆に富み、生きた言葉で、仏教の本質、アチャン・チャー長老の教え、また師がイギリスで身近に接していたアマラワティ初代僧院長アチャン・スメードー長老の教えを語られ、その息吹に触れることができます。東京での法話の機会は多くありませんので、どうぞこの機会をお見逃しなく。

アチャン・ニャーナラトー(Ajahn Nyanarato) 本名:中尾茂人(なかお・しげひと)

講師プロフィール

アチャン・ニャーナラトー(Ajahn Nyanarato) 本名:中尾茂人(なかお・しげひと)

1958年、奈良県生まれ。京都大学医学部卒。医師の国家試験合格後、医師の道を選ばずアジアへ精神的な探求の旅に出る。各地を放浪の末、1986年にアチャン・チャー師の僧院であるタイのナーナーチャーット森林僧院(Wat PahNanachat)でサーマネーラ(沙弥)出家をする。翌1987年具足戒を受け比丘出家する。2001年からはアマラワティ僧院に移り、現在は同僧院の副僧院長をつとめる。『サンガジャパン』Vol.20「これからの仏教」、Vol.26「無我」にロングインタビュー掲載。2016年7月NHKラジオ「宗教の時間」出演。

第35回サンガくらぶ
  • 会場

    「神保町101ビル 3階」
    〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101
    東京メトロ半蔵門線「神保町駅」A7番出口徒歩2分。

    *会場は20時以降、入口が施錠されます。遅れる場合は事前にお知らせください。担当者が誘導いたします。

  • 参加費

    「一般」2,500円

    <特別プラン>
    「サンガジャパン定期購読者」 1,800円
     当日会場受付にて、
     「『サンガジャパン』定期購読お申し込み(定期購読料3冊分:5,250円)」or
     「『サンガジャパン』バックナンバー3冊購入(バックナンバー3冊分:5,250円)」の場合、
     「入場無料」

    ※お支払いは当日清算となります。

参加方法

メールでお申込みの場合、件名に「第35回サンガくらぶ アチャン・ニャーナラトー」とつけて、「お名前」「人数」「お電話番号」「参加費の種別(一般orメルマガ会員or定期購読etc)」を明記し、下記連絡先までご予約ください。

メール予約受付窓口:samghaclub@samgha.co.jp 電話:03-6273-2181/FAX:03-6273-2182

メニュー