SAMGHA SHOP

サンガ公式通販サイト

仏教と科学が発見した「幸せの法則」

新商品

通常価格:¥ 1,944 税込

¥ 1,944 税込 

加算ポイント:180pt

商品コード: 301020

数量
or

Amazon.co.jpに登録している情報を使ってお支払いができるサービスです。
サンガ公式通販サイトの会員様へ、ポイントをご利用する場合は、決済ボタンをクリックする前に弊社サイトでログインしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発売日:2017年10月20日予定
著者:アルボムッレ・スマナサーラ×前野隆司
ISBN:9784865641028 C0095
四六判ソフトカバー 

2500年前の「ブッダの教え」と
最新の「幸福学の研究」が、
「幸せになる」というゴールへ、
重なり合いながら突き進む――

生き方をダイナミックに変える白熱対談!


■茂木健一郎 氏 推薦!
■池谷裕二 氏 推薦!

幸福についての議論は、時に表面的なものになりがちだ。ロボット工学、意識の科学、幸福学の知見が、仏教の思想、実践、伝統と響き合う本書は、深い本質の部分での「幸福論」を提供している。知的好奇心と感情の両方が満足する、稀有な本である。
茂木健一郎

「私」の実存を否定することでヒトは幸せになる――。本書ではそんな火の玉のように熱い議論が、しかし静謐に展開されます。そして、読み終えた私の中に新しい自分像が芽生え、なぜか不思議と安堵するのです。
池谷裕二

まえがき   前野隆司

プロローグ

  • システムデザイン・マネジメントとは何か?
  • 科学から見た心と私

第1章 仏教の原点をめぐって

  • ブッダの教えは純粋に科学的
  • 思考を変える難しさ
  • 実証科学としての仏教
  • 経典を翻訳する難しさ
  • 輪廻
  • 悟りについて
  • 慈悲の瞑想

第2章 心とは何か

  • 受動意識仮説
  • 仏教から見た心と私
  • 私は幻覚である
  • 死んだほうがいいのか?
  • デカルトと受動意識仮説
  • 脳が心を作るのか?
  • 心はエネルギーなのか?
  • 猫の心
  • 言葉はなくても概念で通じ合える
  • 進化と心
  • 人間の複雑なエピソード記憶
  • エピソードではなく、時系列で記憶する
  • 感情が記憶を色付けする
  • クオリアとは「そう感じる」こと
  • ロボット研究の現状
  • クオリアは幻想である
  • ロボットと人間の違い
  • 「私」を実感する場所
  • 心のエネルギーを実感する
  • 学問統合の必要性

第3章 幸せになるための四つの因子

  • 四つの因子とは何か?
  • 四つの因子の関連性
  • 第一因子:自己実現と成長(やってみよう因子)
  • 幸せはプロセスそのものにある
  • 第二因子:つながりと感謝(ありがとう因子)
  • 第三因子:前向きと楽観(なんとかなる因子)
  • なんとかなるように努力する
  • 楽観はポジティブシンキングとは違う
  • 苦は悲観ではない
  • 虚無主義と無我の違い
  • 第四因子:独立と自分らしさ(ありのままに因子)
  • 自分には何ができるのか
  • 未練の仕組み
  • あなたらしく
  • 業のエネルギー

質問コーナー

  • Q&A① ニヒルと受動意識仮説
  • Q&A② 自我と家族愛
  • Q&A③ 痛みの主体は誰なのか?

第4章 仏教は心の精密科学

  • 幸せを探し続けるのは、幸せが手に入らないから
  • どのようにしてブッダは真理にたどり着いたのか
  • 「生きる」とは、何かを探し続けること
  • 仏教には仮説も結論も必要ない
  • 真理に挑戦する
  • 仏教は「精密に科学的」である
  • 先入観や伝統は捨てる
  • 女性優先のテーラワーダ仏教国
  • 幸せの男女差

第5章 正しく幸せを目指す

  • マインドフルネス
  • 再び悟りについて
  • インド人と0と無我
  • 体に注目するのは簡単である
  • 「悟りたい」は幻想
  • 死ぬのが怖い
  • 世界平和を作るには
  • 間違ったOSの正体
  • 慈悲喜捨のエネルギー
  • いますぐここで、幸せになる
  • 引きこもりは危険
  • 「過去に戻れ」は脳の欠陥

質問コーナー

  • Q&A④ 感動と共感
  • Q&A⑤ 悟りの境地に近い人の興味関心
  • Q&A⑥ お寿司を選ぶのは誰?

第6章 教育と幸福学

  • 幸せを科学する
  • 幸福学を伝えていく
  • 日本に欠けている「生き方」の教育
  • 企業経営に幸福学を取り入れる
  • ストレスの正しい使い道
  • 幸福学を取り入れた企業事例
  • 人に役立つ商品作り
  • 教育と幸福学
  • アクティブラーニング
  • 幸せの教育する
  • 年を取るほど幸せになる社会
  • 幸せな老後

あとがき   アルボムッレ・スマナサーラ