観察 「生きる」という謎を解く鍵

新商品

通常価格:¥ 2,160 税込

¥ 2,160 税込

加算ポイント:200pt

商品コード: 301120

数量
or

Amazon.co.jpに登録している情報を使ってお支払いができるサービスです。
サンガ公式通販サイトの会員様へ、ポイントをご利用する場合は、決済ボタンをクリックする前に弊社サイトでログインしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発売日:2018年1月18日
著:アルボムッレ・スマナサーラ×想田和弘
ISBN:9784865641127 C0015
四六半ソフトカバー 

今を生きるために必要なのは「観察する力」!
初期仏教のアルボムッレ・スマナサーラ長老と
映画作家の想田和弘監督による対談!

「ありのままの現実」と向き合い、
ストーリーを越えて生きる自由を、
二人の観察者が語り尽くす!


スマナサーラ長老が指導するヴィパッサナー瞑想は「観察瞑想」とも呼ばれ、
お釈迦様が覚りに至った重要な実践です。

また、想田監督が考案した「観察映画」は、
事前にシナリオを準備することなく、ありのままの現実をフィルムにおさめる
ドキュメンタリー映画の制作手法として注目されています。

自分自身を観察する「観察瞑想」と、外の世界を観察する「観察映画」。

ジャンルは異なりながらも、
「ありのままの現実を見つめる」という行為の重要性を熟知する「二人の観察者」が、
「生きるとは何か?」という問いを、さまざまな角度から語り合います。


【目次】
第一部[二〇一六年三月二九日−三〇日 出逢い]
「観察」から始まる物語
第一章 なぜ「観察映画」なのか?
第二章 すべては人間の生存欲から
第三章 仏教と民主主義
第四章 智慧の世界とストーリー
第五章 執着・愛着とコンパッション
第六章 人間の一番の武器は
第七章 死後はどうなるのか
第八章 観察瞑想と観察映画の可能性

第二部[二〇一七年六月五日 再会]
そして「観察」は続く
第一章 「瞑想」実践を経て
第二章 瞑想は世界を変える?
第三章 覚りへのプロセスへ

[特別レポート]瞑想指導を観察する 想田和弘


【内田樹 氏 推薦!】
「観察」をキーワードにした映画監督と宗教者の間の、
ずれそうで噛み合う不思議な触感の対談。
どの頁を開いても、どこから読んでも、刺激的です。
――内田樹

この商品のレビュー ★★★★★ (1)
この商品のレビュー ★★★★★
  • 2018/01/15 弊社担当編集者さん ★★★★★

    担当編集者より本書のイチ押しポイント!

    本書のおすすめのポイントは、
    「ストーリーとは何か? 私たちはストーリーを越えて生きることはできるのか?」
    という問いです。

    私たちの現実に起こる様々な出来事には、もともとストーリーはないのですが、人が出来事に意味を付与し、時系列に配列し、他者へ伝えようとするとき、現実はストーリー・物語となり、人や社会に影響力を持ちます。

    しかし、このストーリーは「ありのままの現実」ではありません。
    スマナサーラ長老の言葉を使えば、「主観的な感想」にすぎないのです。

    現代社会では、ストーリーや物語というのは素晴らしいもののように言われることもありますが、けっしてそうではありません。私たちは、既存の物語の影響力を受けることによって、ありのままの存在が物語に強制的に収斂されてしまうという意味で、生きる自由をどんどん奪われているとも言えます。

    そして、ストーリーを乗り越える手段が、本書のメインテーマである「観察」です。

    今回、「観察」の具体的な実践として、想田監督はスマナサーラ長老から瞑想指導を受けました。その様子も、想田監督によるレポートとして収録されていますので、ぜひそちらもお読みになってみてください。

新着情報

2017/12/28 ポイントの利用につきまして
申し訳ございませんが、注文金額を全額ポイントでの決済はできません。
クレジットカード決済・amazon payでの決済の場合は、ポイント利用後の注文合計金額が100円以上になるようにお願いいたします。
ニッセン後払い決済の場合は、ポイント利用後の注文合計金額が600円以上になるようにお願いいたします。
2017/12/28 年末年始の発送につきまして
年末年始の発送について
12月29日から1月4日まで、弊社年末年始休業のため、年末年始休業の期間にいただきましたご注文は全て、翌営業日の1月5日からの発送作業になりますので、あらかじめご了承ください。
なお、年内の発送は、12月28日の午前中までに決済が完了しているご注文までとさせていただきます。(2017.12.28更新)