観察 「生きる」という謎を解く鍵

通常価格:¥ 2,160 税込

¥ 2,160 税込

加算ポイント:20pt

商品コード: 301120

数量
or

Amazon.co.jpに登録している情報を使ってお支払いができるサービスです。
サンガ公式通販サイトの会員様へ、ポイントをご利用する場合は、決済ボタンをクリックする前に弊社サイトでログインしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発売日:2018年1月18日
著:アルボムッレ・スマナサーラ×想田和弘
ISBN:9784865641127 C0015
四六半ソフトカバー 

今を生きるために必要なのは「観察する力」!
初期仏教のアルボムッレ・スマナサーラ長老と
映画作家の想田和弘監督による対談!

「ありのままの現実」と向き合い、
ストーリーを越えて生きる自由を、
二人の観察者が語り尽くす!


スマナサーラ長老が指導するヴィパッサナー瞑想は「観察瞑想」とも呼ばれ、
お釈迦様が覚りに至った重要な実践です。

また、想田監督が考案した「観察映画」は、
事前にシナリオを準備することなく、ありのままの現実をフィルムにおさめる
ドキュメンタリー映画の制作手法として注目されています。

自分自身を観察する「観察瞑想」と、外の世界を観察する「観察映画」。

ジャンルは異なりながらも、
「ありのままの現実を見つめる」という行為の重要性を熟知する「二人の観察者」が、
「生きるとは何か?」という問いを、さまざまな角度から語り合います。


【目次】
第一部[二〇一六年三月二九日−三〇日 出逢い]
「観察」から始まる物語
第一章 なぜ「観察映画」なのか?
第二章 すべては人間の生存欲から
第三章 仏教と民主主義
第四章 智慧の世界とストーリー
第五章 執着・愛着とコンパッション
第六章 人間の一番の武器は
第七章 死後はどうなるのか
第八章 観察瞑想と観察映画の可能性

第二部[二〇一七年六月五日 再会]
そして「観察」は続く
第一章 「瞑想」実践を経て
第二章 瞑想は世界を変える?
第三章 覚りへのプロセスへ

[特別レポート]瞑想指導を観察する 想田和弘

【内田樹 氏 推薦!】
「観察」をキーワードにした映画監督と宗教者の間の、
ずれそうで噛み合う不思議な触感の対談。
どの頁を開いても、どこから読んでも、刺激的です。
――内田樹

神戸新聞、山陽新聞、等で本書が紹介されました!
神戸新聞 (2018年3月8日付け)
https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/entertainment/book/201803/0011052328.shtml]

山陽新聞 (2018年3月8日付け)
http://www.sanyonews.jp/article/680616/1/

この商品のレビュー ★★★★★ (5)
この商品のレビュー ★★★★★
  • 2018/02/05 寺和田さん ★★★★★

    折り紙の瞑想

    折り紙の瞑想を観察しながら行った。折る動作を実況中継しながら、集中して行った。完璧に折ることを目指しつつ、実際折り始めると,無我夢中で取り組んだ。結果に囚われず、ひたむきに、心の静寂 (しじま) を味わえた。長老の仰るような、物事の因果関係まで到底理解は及んでいないし、観察とは異質のものかもしれないが、万全を尽くして結果を天に任せる感覚が断片的に理解できた気がした。

  • 2018/02/01 五月雨さん ★★★★★

    映画監督との対談

    スマナサーラ長老と映画監督との本ということでどんな内容なのか気になりました。
    想田監督がスマナサーラ長老に、仏教的に、芸術は推奨されないのかを問い、スマナサーラ長老が答えている章に興味を持ちました。
    専門用語もあまり出てこないので、手軽に読めました。

  • 2018/02/01 怒りさん ★★★★★

    仏教は怒りに勝てるのか

    想田監督は自分の持つ怒りに勝てるのか。
    怒りがいかに人間を蝕むものか、考えながら読み進んだ。怒りは人が人たるための必須のものだ。と解釈してしまうと、永遠に人はこの苦しみからは逃れられない。
    どうしたか逃れられるのか、この本を読みながら考えてしまった。
    答えは”今にあり”なのか

  • 2018/01/26 想田監督ファンさん ★★★★★

    プレゼント動画がいい。

    想田監督のファンで、仏教瞑想はかじったくらいだった。
    「観察」つながりで、こんな本が生まれると思わなかったので、うれしい。
    この本は読み途中だが、プレゼント動画が素晴らしい。
    瞑想に興味はあって、少しかじったぐらいの人におススメ。
    瞑想毎日やる人も面白いかも。
    想田監督が体を張って、チャレンジしている貴重な動画だ。
    個人的には本が1000円、動画が1000円くらいなのでは?
    言い過ぎだろうか。

  • 2018/01/15 弊社担当編集者さん ★★★★★

    担当編集者より本書のイチ押しポイント!

    本書のおすすめのポイントは、
    「ストーリーとは何か? 私たちはストーリーを越えて生きることはできるのか?」
    という問いです。

    私たちの現実に起こる様々な出来事には、もともとストーリーはないのですが、人が出来事に意味を付与し、時系列に配列し、他者へ伝えようとするとき、現実はストーリー・物語となり、人や社会に影響力を持ちます。

    しかし、このストーリーは「ありのままの現実」ではありません。
    スマナサーラ長老の言葉を使えば、「主観的な感想」にすぎないのです。

    現代社会では、ストーリーや物語というのは素晴らしいもののように言われることもありますが、けっしてそうではありません。私たちは、既存の物語の影響力を受けることによって、ありのままの存在が物語に強制的に収斂されてしまうという意味で、生きる自由をどんどん奪われているとも言えます。

    そして、ストーリーを乗り越える手段が、本書のメインテーマである「観察」です。

    今回、「観察」の具体的な実践として、想田監督はスマナサーラ長老から瞑想指導を受けました。その様子も、想田監督によるレポートとして収録されていますので、ぜひそちらもお読みになってみてください。

新着情報

2019/04/26 ゴールデンウィーク期間中の発送につきまして
4/27~5/6のゴールデンウィーク期間中にいただきましたご注文は、5月7日(営業日)の商品発送とさせていただきます。ゴールデンウィーク期間中の商品発送はしておりませんので、ご了承ください。
2019/03/18 2018年度サンガセレクションBEST20発表
全商品キャンペーン2018年度4月~2019年3月期間中、サンガ通販サイトの売り上げベスト20位を紹介しています。
サンガセレクションBEST20【5~20%OFF】
ランクインしたアイテムは、サンガHP閲覧者必読といってもよいアイテムです。
詳しくはこちら
2019/03/11 【先行予約】限定200冊 20%OFF ブッダの聖地[改訂版]
【先行予約】限定200冊20%OFF ブッダの聖地[改訂版]ースマナサーラ長老と歩くインド八大仏蹟ー
2019年5月末に、2011年に刊行し、品切れが続いていた『ブッダの聖地』上製判がパワーアップして復刊します。
2019年2月開催のインド八大聖地ツアーの記録が追加されます。
詳しくはこちら
2019/03/01 「経典アプリ」発売記念 経典本フェア 最大「20」%OFF
「経典アプリ」発売記念 経典本フェア 最大「20」%OFF 新作アプリ「スマナサーラ長老の『ブッダの日常読誦経典』」 発売を記念して、 経典関連+『ブッダの実践心理学』シリーズを割引いたします。 開催期間:3月1日~18日
詳しくはこちら
2019/02/20 アチャン・チャー長老フェア「最大15%OFF」開催
アチャン・チャー長老の新刊『アチャン・チャー法話選 第三巻』発売を祝して、2019年3月10日まで、限定割引いたします。最大15%OFF。新刊は除きます。