【SOLD OUT】スリランカ坐像 大 (白)

限定品

通常価格:¥ 15,000 税込

¥ 15,000 税込

加算ポイント:139pt

商品コード: btz_17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【 残0尊 】
スリランカで最も人気のある「微笑みのブッダ」の坐像です。
右足を左に乗せた、片方の足だけ組む半跏趺坐 (吉祥座) で坐っています。手は、ブッダが悟りを開いたときのポーズ「禅定印」を結んでおり、心の安定を表しています。手のひらを横にして坐っていますが、これは上座部仏教に則った、スリランカのブッダ像の特徴です。僧衣はシンプルですが、ドレープの線が各部強調され、清々しさを感じさせます。左胸の襞 (ひだ) の縦のラインが、立体感を与え、全体的に生き生きとした表情に仕上がっています。組んだ足、ドレープと台座の蓮華の半円の弁とで、見事なハーモニーがみてとれます。
グラナイト(花崗岩、御影石)なので、磨けば磨くほど光沢がでます。スリランカで最も人気のある「微笑みの仏坐像」です。

スリランカ坐像 大
スリランカ製
グラナイト(花崗岩、御影石)製
白色
縦 : 20.0 cm
横 : 16.0 cm
台座 : 2.2 cm (蓮華の弁の模様)
奥行き : 8.0 cm
重さ 1,400 g

この商品のレビュー ★★★★★ (1)
この商品のレビュー ★★★★★
  • 2018/04/05 スマイルさん ★★★★★

    微笑みの仏像

    仏像ガールということばが流行り、仏像というものが気になるようになった。
    日本の仏像は金ぴかで、「理性的」な顔をしている気がした。
    日本人の仏教観の象徴なのかもしれない。

    この仏像の魅力は「スマイル」だ。
    日本の技術があれば作れそうな気もするが、なかなかない。
    上座仏教国スリランカの仏像の魅力は「スマイル」だ。
    これがスリランカ人の仏教観なのかと思うと、
    味わい深い。

新着情報

2018/11/01 通販会員1500人達成記念「1500円割引」クーポン発行中
「1,500円OFF」
クーポンコード:9wuphxdkfqgo

(五千円以上のお買い物に使用できます)
(有効期限:2018年10月29日18時~11月7日23時59分)
(発行枚数:150枚)
2018/11/01 「ポイント20倍」『ダライ・ラマ法王来日記念チベット仏教フェア
ダライ・ラマ法王来日を記念して、チベット仏教書&グッズを揃えました。 フェア期間中(2018年11月1日12時~11月19日12時)まで「ポイント20倍」
11月にダライ・ラマ法王が来日されます。サンガでは、法王の来日を記念し、チベット仏教に関連する書籍やアイテムをセレクト。平和のシンボルと表されるダライ・ラマ法王の言葉、心身・場や空気を浄化する仏具、チベット史、禅とチベット仏教のクロストーク、などなど。この機会に様々な切り口からチベット仏教の世界をのぞいてみませんか。そしてチベット仏教の核心とされる「心を鍛える」教えの片鱗に触れてみませんか。
詳しくはこちら
2018/10/22 2018年秋スリランカ直輸入フェアpoint「20倍」
2018年10月新たにスリランカから仏像・仏具を入荷しました。
10月22日~31日までポイント「20」倍。 例:対象商品10,000円分のお買いもので2,000円分ポイント還元いたします。
詳しくはこちら
2018/10/22 第55回サンガくらぶ @鎌倉・円覚寺 「禅&マインドフルネス」実践ワークショップ & トーク
2018年11月18日(日)13:00~16:30(12:00開場)
臨済宗・円覚寺管長・横田南嶺師とマインドフルネス療法の第一人者・熊野宏昭先生による対談、坐禅 & マインドフルネス実践ワークショップを開催します。
今回のサンガくらぶは豪華3部構成になっています。
1部:横田南嶺師による坐禅指導および坐禅
2部:おふたりによる禅とマインドフルネスに関する対談
3部:熊野宏昭先生によるマインドフルネスワークショップ
を予定しています。
詳しくはこちら
2018/10/22 第54回サンガくらぶ  『清浄道論』を読む 第4回 講師:アルボムッレ・スマナサーラ
2018年11月13日(火)19:00~21:00(18:30開場)
テーラワーダ仏教における重要な綱要書である『清浄道論』(ヴィスッディ・マッガ)では、戒律・禅定(修習)・智慧の三つのセクションに渡って仏道修行とその結果について論じられています。今回は、そのうち清浄道論の精髄というべき「智慧」のセクションを、スマナサーラ長老より連続講義の形でご解説いただきます。『清浄道論』をひも解きながら、ヴィパッサナー実践から得られる智慧を、入口から一歩一歩学んでいきます。今回がシリーズ第4回です。
詳しくはこちら