【ポイント10倍】〔新装版〕進みと安らい――自己の世界

通常価格:¥ 3,024 税込

¥ 3,024 税込

加算ポイント:280pt

商品コード: 301340

数量
or

Amazon.co.jpに登録している情報を使ってお支払いができるサービスです。
サンガ公式通販サイトの会員様へ、ポイントをご利用する場合は、決済ボタンをクリックする前に弊社サイトでログインしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発売日:2018年8月22日
著者:内山興正
ISBN:9784865641349
四六判ハードカバー、本文320ページ

自己の真実に生きる
「自己とは何か?」という問いに、
独自の哲学で向き合った禅僧・内山興正老師。
その比類なき存在は、日本仏教界のみならず、
多くの知識人にも影響をあたえてきた。
本書に掲載された第一図~第六図からなる
「自己曼画」のイラストは、現在も参照され、
自己の真実を追求する現代人の指針となっている。
伝説の名著が、現代に蘇る!



◎仏教者・哲学者の4人が推薦!!

「進み」が迷走に陥らないためにはそこに「安らい」がなければならない。今こそ読まれるべき内山興正老師の名著、待望の復刊。〈仏教3.0〉はここから出発した!?
――藤田一照(禅僧)

この世界に所属する私、所属していない私。この「私の二重構造」が、内山老師のイラストにより、奇跡の視覚化。老師の意図さえ越えて、21世紀の混迷を照らす光となる。
――山下良道(ワンダルマ仏教僧)

内山老師は本書を「まだ堀下げが足りない」と自身で感じて絶版にしたという。その理由とは? 老師が墓場まで持っていこうとした幻の作品がついに復刊!
――ネルケ無方(禅僧)

本書(とりわけ第四章)の内山興正の画期的な見地がもし仏教のそれに反しているなら、間違っている(あるいは思慮が足りない)のは仏教の側です。
――永井均(哲学者)


【著者プロフィール】
内山興正 うちやま・こうしょう
1912年(明治45年)、東京に生まれる。早稲田大学西洋哲学科を卒業、さらに2年間同大学院に在籍後、宮崎公教神学校教師となる。1941年(昭和16年)、澤木興道老師について出家得度。以来坐禅修行一筋に生き、1965年(昭和40年)、澤木老師遷化の後は、安泰寺堂頭として10年間弟子の育成と坐禅の普及に努める。1998年(平成10年)3月13日、示寂。著作は数多く、英・独・仏・伊語などにも訳されている。主著に『正法眼蔵―坐禅箴を味わう』『生存と生命』『御いのち抄』(以上、柏樹社)、『ともに育つこころ』(小学館)、『禅からのアドバイス』『いのち楽しむ―内山興正老師遺稿集』『坐禅の意味と実際―生命の実物を生きる』『自己―ある禅僧の心の遍歴』『普勧坐禅儀を読む―宗教としての道元禅』『宿なし興道法句参―澤木興道老師の言葉を味わう』『正法眼蔵―八大人覚を味わう』『正法眼蔵―現成公案・摩詞般若波羅蜜を味わう』『正法眼蔵―生死を味わう』『正法眼蔵―仏性を味わう』『観音経・十句観音経を味わう』『いのちの働き―知事清規を味わう』『正法眼蔵―行仏威儀を味わう』『内山興正老師いのちの問答』(以上、大法輪閣)などがある。

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆

新着情報

2018/11/01 通販会員1500人達成記念「1500円割引」クーポン発行中
「1,500円OFF」
クーポンコード:9wuphxdkfqgo

(五千円以上のお買い物に使用できます)
(有効期限:2018年10月29日18時~11月7日23時59分)
(発行枚数:150枚)
2018/11/01 「ポイント20倍」『ダライ・ラマ法王来日記念チベット仏教フェア
ダライ・ラマ法王来日を記念して、チベット仏教書&グッズを揃えました。 フェア期間中(2018年11月1日12時~11月19日12時)まで「ポイント20倍」
11月にダライ・ラマ法王が来日されます。サンガでは、法王の来日を記念し、チベット仏教に関連する書籍やアイテムをセレクト。平和のシンボルと表されるダライ・ラマ法王の言葉、心身・場や空気を浄化する仏具、チベット史、禅とチベット仏教のクロストーク、などなど。この機会に様々な切り口からチベット仏教の世界をのぞいてみませんか。そしてチベット仏教の核心とされる「心を鍛える」教えの片鱗に触れてみませんか。
詳しくはこちら
2018/10/22 2018年秋スリランカ直輸入フェアpoint「20倍」
2018年10月新たにスリランカから仏像・仏具を入荷しました。
10月22日~31日までポイント「20」倍。 例:対象商品10,000円分のお買いもので2,000円分ポイント還元いたします。
詳しくはこちら
2018/10/22 第55回サンガくらぶ @鎌倉・円覚寺 「禅&マインドフルネス」実践ワークショップ & トーク
2018年11月18日(日)13:00~16:30(12:00開場)
臨済宗・円覚寺管長・横田南嶺師とマインドフルネス療法の第一人者・熊野宏昭先生による対談、坐禅 & マインドフルネス実践ワークショップを開催します。
今回のサンガくらぶは豪華3部構成になっています。
1部:横田南嶺師による坐禅指導および坐禅
2部:おふたりによる禅とマインドフルネスに関する対談
3部:熊野宏昭先生によるマインドフルネスワークショップ
を予定しています。
詳しくはこちら
2018/10/22 第54回サンガくらぶ  『清浄道論』を読む 第4回 講師:アルボムッレ・スマナサーラ
2018年11月13日(火)19:00~21:00(18:30開場)
テーラワーダ仏教における重要な綱要書である『清浄道論』(ヴィスッディ・マッガ)では、戒律・禅定(修習)・智慧の三つのセクションに渡って仏道修行とその結果について論じられています。今回は、そのうち清浄道論の精髄というべき「智慧」のセクションを、スマナサーラ長老より連続講義の形でご解説いただきます。『清浄道論』をひも解きながら、ヴィパッサナー実践から得られる智慧を、入口から一歩一歩学んでいきます。今回がシリーズ第4回です。
詳しくはこちら