ブッダの実践心理学〜アビダンマ講義シリーズ第二巻「心の分析」〜

通常価格:¥ 3,996 税込

¥ 3,996 税込

加算ポイント:37pt

商品コード: 000160

数量
or

Amazon.co.jpに登録している情報を使ってお支払いができるサービスです。
サンガ公式通販サイトの会員様へ、ポイントをご利用する場合は、決済ボタンをクリックする前に弊社サイトでログインしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発売日:2006年5月20日
著者:アルボムッレ・スマサナーラ/藤本晃
ISBN:9784901679163
A5判ハードカバー 本文368ページ

全8巻シリーズ、アビダンマ講義第二巻。
「心の分析」信仰ではなく、心の法則を理解することが仏道への第一歩。
われわれはなぜ“心”に翻弄されるのか?本書で遂に明かされる『悟りの心』と『深い禅定の心』

目次

凡例

    はじめに1

    いったい何を心をと言うのか?

      仏教徒の仕事は心を清めること
      心は四つの真実(勝義諦)の一つ
    • 物質(色)と心
    • 心所
    • 涅槃
    • なかなか理解できない生命の「心」
      「真我?」「魂?」あり得ない!
      変化し続ける連続を「常住」と見誤る
      心は今ここに、ありありとはたらいている
      心にも他のどこにも魂はない
      証拠がないから魂はある?
      心は脳のカラクリなのか?
      物質・機械vs生命体
      心は野菜や果物と同じ分類名
      野菜の定義
      心の定義
      「知る「だけの機能を「心」という
      心は一つか複数か
      心は一人に一つずつ
      心と心は混ざらないけど共鳴する
      分けてみると切りがない心
      アビダンマが扱う心の分類

    はじめに2

    摂心分別

      心は四種類

      四種の心1:欲界心

      欲界心は誰でも知っている「心」の世界
      「意」は見る聞くなどの五種類の心に基づく
      奇跡も神の啓示もみんな欲界次元の妄想
      切り貼りの知識ではなく真剣に学べば・・・
      欲界心の次元はこの程度と知って落ち着く
      欲界の認識の仕方
      同じ欲界でも認識できる範囲はそれぞれ

      四種の心2:色界心

      四種の心3:無色界心

      四種の心4:出世間心

      出世間心は八種類とも四十種類とも数えられる

    1

    欲界心

      1-1:不善心

      仏教の心理分析は道徳の視点から
      貪・瞋・痴によって起こる心が不善心
      心という水に貪瞋痴の心所が溶ける
      心に貪瞋痴が溶けると不幸になる
      楽しみを探しても見つからないから因果・輪廻が続く
      明るい明日がある?
      死後が明るい世界?
      不善・悪が「苦しみ」

      1-1-a:貪根心

      貪ってなに?
      何が貪根心?
      貪根心は喜びがあるかないかで二種類に分けられる
      喜倶と捨倶の貪根心がそれぞれ二種類に分けられる
      「見」こそが人間の抱える問題
      見解のない貪根心って?
      喜倶と捨倶、見相応と見不相応で四種類
      四種類の貪根心が、また二種類に分けられる
      鋭い人(無行)と鈍い人(有行)
      猫をかぶった欲(高慢)
      コンプレックスもただの慢
      人と比べるから監視社会になる
      善行も比べたり人目を求めたりすれば慢
      仏教心理からみる精神疾患1

      1-1-b:瞋根心

      憂倶ってどんな状態?
      瞋恚相応って何?
      暗い心が怒り
      怒りを捨てて気軽に生きよう
      嫉妬も物惜しみも後悔も怒り
      怒りは一種類だけ
      怒りの無行と有行
      dosaとpatighaの違いは?
      仏教心理からみる精神疾患2

      1-1-c:痴根心

      怒りより欲の方がマシ
      無知はいつも捨の心
      疑相応
      こだわりも疑
      輪廻を疑うのも信じるのも疑
      掉挙相応
      眠気の問題
      善、不善を区別しておきましょう
      日常の生活が心によって善にも不善にもなる
      日常生活だけでも善行為になる
      行為自体の善悪は十種類だけ(十悪)
      日常の生活を善にするか不善にするかは自分の心次第
      善も悪も自己責任

      1-2:欲界浄心

      1-2-a:大善心

      善と不善は水と油
      欲界善心も、まず喜倶と捨倶に分けられる
      智相応と智不相応
      智慧があると善行為になる
      乞食への対処の方も善にも不善にもなる
      有行と無行
      日常の行為を善心で行うと智慧が生まれる
      日常生活の全てが無常・因果法則を学ぶ道場
      貪瞋痴の代わりに不貪不瞋不痴を
      仏教徒ならば智慧で行動する
      大事なのは智慧の有無だけ

      1-3:無因心

      アビダンマで用いる因の意味
      善とは「悪がないこと」
      人間にはちっぽけな悪が馴染み深い
      善いことは分け与えてますます拡げる
      善行為を分け合うのは当たり前
      お礼の言葉より善行為を
      回向も善行為
      随喜は回向とセット
      無因心はどれだけ?

      1-3-a:不善異熟心

      不善異熟心は七種類
      眼耳鼻舌で感じる不善異熟は捨倶
      身で感じる不善異熟は苦倶
      不善異熟の領受心と推度心は捨倶

      1-3-b:無因善異熟心

      無因善異熟心は八種類
      無因善異熟心は欲界善心の結果
      自分のカルマから逃れられない
      悪いカルマで苦しんだ阿羅漢
      今私が感受していることがカルマの結果
      カルマの割り当ては決まっている
      カルマの罠から抜ける方法

      1-3-c:無因唯作心

      欲界大善心は智慧の有無が重要
      貪・瞋の反対は?
      心の向きを逆にしたら
      否定語は例外なしの力強さ
      悪の否定語は無量に拡がる善
      煩悩の否定形が涅槃

      1-2-b:大異熟心

      生まれたときの心が一生涯続く
      異熟心が一生涯を決める
      怠けと殺しの哲学
      言葉でなく意味内容を
      性格が一生変わらないわけ
      日常生活でも必ずもとの心に戻る
      心の変化が速過ぎて「私」になる
      いつも自分に戻るから変わらない
      無因善異熟心と大異熟心の違い
      大善心・大異熟心八種類の順番
      人間に生まれたら悟る可能性あり
      智相応と智不相応の差
      カルマの意味は「行為」と「行為の結果」
      智慧がなくても善は善
      死ぬ瞬間から来世に生まれる瞬間まで
      大異熟心と無因善異熟心ともに感受する
      人間に生まれたら悟る可能性あり
      日常生活でも必ずもとの心に戻る
      心の変化が速過ぎて「私」になる
      いつも自分に戻るから変わらない
      無因善異熟心と大異熟心の違い
      大善心・大異熟心八種類の順番

      1-2-c:大唯作心

      善業のエネルギーの強さ
      欲界心の欲の意味
      怠けと殺しの哲学
      阿羅漢も欲界に生きている
      さぁ、心の次元を超えよう

    2

    色界心

      色界心の色の意味1
      言葉はただ便利なラベル
      言葉に囚われると失敗
      言葉にこだわって誤解する
      生命の生まれ方は四種類
      生命は認識すること
      色界心(大心)は通常の認識を超える
      「常識を超える」喩え
      色界心の色の意味2
      超能力は色界心のはたらき
      現代心理学で超能力を分析すると・・・
      仏教で超能力を分析すると・・・
      色界心を作る止瞑想
      瞑想体験は誤解し易い
      思い込みの瞑想指導は危険
      誤解が生まれない瞑想対象
    • 不浄観と死の瞑想
    • 念仏瞑想
    • 随心から入る念仏
      随喜から入る念仏
                 
    • 念法瞑想
    • 念僧瞑想
    • 念神瞑想
    • 業処(瞑想対象)は四十種類
      誤解の生まれないサマタ瞑想のやり方・地遍を瞑想する場合
    • 準備とお守り
    • 地遍に集中
    • 第一禅定へ
    • 対象を運ぶ
    • 見るものはみんな同じ色
    • 他宗教は色界第一禅定レベルまで
      止から観へ
      第一禅定が自分で分かる?

      2-1:色界善心

      尋、伺、喜、楽、一境性
      禅定は眠りでなく覚醒
      西洋の五感と仏教の六根
      考えることも夢も五根から入った情報の組み合わせ
      夢占いの功罪
      五根に入る情報だけ認識する
      知識・学問も全部五根からの情報の組み合わせ
      心は同じレベルで回転し続ける
      死にたくないわけ
      生まれることこそが苦しみ
      止まらない心がいつでも刺激を求める
      心は自分をも認識する
      止まらない心が三次元の殻にしがみつく
      色界禅定を作らせない五つの妨げ(五蓋)
    • 1.欲愛蓋
    • 2.瞋恚蓋
    • 3.昏沈・睡眠蓋
    • 4.掉挙・後悔蓋 
    • 5.疑蓋
    • 五蓋は悟りを覆う蓋
      五蓋はヴィパッサナー瞑想にとっても蓋
      五蓋が消えると・・・
      五蓋と煩悩の関係
      色界禅定の入り方
      第一から第五禅定の特色

      2-2:色界異熟心

      2-3:色界唯作心

      欲界天と色界梵天
      梵天界はインド伝来の教え
      色界梵天への壁を超える瞑想
      概念・知識が捨てられない
      色界第一禅定の梵天に入るには
      禅定に習熟するための五つの訓練
      「後の観察」がとても大事
      体験を客観的に振り返る
      色界禅定で初めて楽を味わう
      「後で観察」すると次に進める
      色界梵天に生まれる法則と欲界天に生まれる法則
      欲界を捨てることと存在自体を捨てることは別もの
      色界第五禅定の先
      始めに経験あり
      色界第五禅定から無色界へ
      物質に頼らない次元

    3

    無色界心

      3-1:無色界善心

      無色界第1:空無辺処定
      無色界で物質とお別れ
      無色界第2:識無辺処定
      無色界第3:無所有処定
      空無辺所定と無所有処定の違いは?
      無色界瞑想のやり方は一種類だけ
      無色界第4:非想非非想処定
      想は差を受け取るはたらき
      何一つ同じものはないから、いつでも差を受け取れる
      「記憶」も想のはたらき
      フクロウ先生の想の力
      想がないような、なくもないような
      禅定の終点
      非想非非想瞑想処定の限界
      禅定・梵天界に対する欲
      仏教以外でも無色界禅定を語っていた?
      無色界禅定ではヴィパッサナーはできない
      滅尽定は仏教だけ
      悟りと永遠

      3-2:無色界異熟心

      3-3:無色界唯作心

      無色界にも善心・異熟心・唯作心あり

    4

    出世間心

      通常の心を超える条件
      人間だけ通常の心を超えられる
      瞑想の功徳を神々にも
      瞑想する気持ちはすぐに崩れる
      今だけが類い希なチャンス
      真理の門は誰にも開かれている
      出世間の意味
      悟りの表現もプラス思考で
      「乗り越えた」なら「涅槃の世界」は要らない

      4-1:道心

      4-2:界心

      出世間心は道と果が四つずつ
      出世間心だけは仏教独自のもの
      誰も怒らせないお釈迦様のテクニック
      お経から学ぶべき釈尊の人格
      預流は悟りの道に入ること
      無常を知らないから苦しむ
      無常が嫌だから永遠を妄想する
      死んで死んで死に続ける現実を見る
      絶え間なく連続する無常を我・永遠と誤解する
      無常・無我を肯定的に言うと
      釈尊は「我」を認めた?
      無常を見た瞬間に預流道心・悟りの最初の心が生まれる
      預流道心は一瞬、預流果心はその直後の一瞬
      預流果の心は『宝経』に詳しい
      預流果で消える三つの煩悩:
    • 1 有身見
    • 普通の煩脳はまだまだなくならない
    • 2 疑
    • 3 戒禁取
    • 預流果の特長:
    • 1 もう怠けても自動的に悟れる
    • 2 七回生まれ変わるまでには完全に悟れる
    • 3 輪廻するのは人界か天界だけ
    • 4 六重罪を犯さない
    • 5 自分の罪を隠せない
    • 仏教理解だけで預流果に?
      悟りの第二段階・一来果
      一来果で二つの煩悩が、減る
      悟りの第三段階・不還果で欲と怒りは完全に消える
      不還果の人の行き先
      最終解脱・阿羅漢果
      阿羅漢果で消える最後の煩悩五つ
      智慧に始まり智慧に終わる
      悟る瞬間の心?
      まとめ・禅定の心と悟りの心
      悟ると無我を知る哲学者になる
      受が我を仮構する
      無常を体験して悟る
      「無我」は「絶無」「虚無」ではない
      無常が分かっても欲と怒りはまだ残る
      預流果から先は欲と怒りを捨てる道
      最後に「我」を完全に消す
      心を分類してしっかり覚えよう
      サマーディなしに悟れる?
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆

新着情報

2019/03/18 2018年度サンガセレクションBEST20発表
全商品キャンペーン2018年度4月~2019年3月期間中、サンガ通販サイトの売り上げベスト20位を紹介しています。
サンガセレクションBEST20【5~20%OFF】
ランクインしたアイテムは、サンガHP閲覧者必読といってもよいアイテムです。
詳しくはこちら
2019/03/11 【先行予約】限定200冊 20%OFF ブッダの聖地[改訂版]
【先行予約】限定200冊20%OFF ブッダの聖地[改訂版]ースマナサーラ長老と歩くインド八大仏蹟ー
2019年5月末に、2011年に刊行し、品切れが続いていた『ブッダの聖地』上製判がパワーアップして復刊します。
2019年2月開催のインド八大聖地ツアーの記録が追加されます。
詳しくはこちら
2019/03/01 「経典アプリ」発売記念 経典本フェア 最大「20」%OFF
「経典アプリ」発売記念 経典本フェア 最大「20」%OFF 新作アプリ「スマナサーラ長老の『ブッダの日常読誦経典』」 発売を記念して、 経典関連+『ブッダの実践心理学』シリーズを割引いたします。 開催期間:3月1日~18日
詳しくはこちら
2019/02/20 アチャン・チャー長老フェア「最大15%OFF」開催
アチャン・チャー長老の新刊『アチャン・チャー法話選 第三巻』発売を祝して、2019年3月10日まで、限定割引いたします。最大15%OFF。新刊は除きます。
2019/02/07 インドで大人気の美容アイテム「カーマアーユルヴェーダ」期間限定15%OFF
インドで大人気の美容アイテム「カーマアーユルヴェーダ」を期間限定15%OFFで販売いたします。(期間は2月18日まで)
詳しくはこちら