Blog ブログ

2017.09.08

社長ブログ

『ブッダの実践心理学』を想う

 

このシリーズは、今は全7巻で完結している。

第1巻(2005年出版)から第8巻(2013年出版)を経て、今ある第7・8巻の合冊が今年2017年の出版。だから完成まで12年かかっている。

サンガ東京オフィス(飯田橋)開設が、2003年の話だ。つまり、このシリーズがサンガの歴史を代弁しているといっても、言い過ぎではないと思う。

 

きっかけは20年ほど前

仙台で父とともにアイス屋をやって、それをやめたのが1998年のこと。もう二度と会社経営はやらないと心に誓っていた。

当時は毎月、スマナサーラ長老の熱海の合宿に通っていた。いつも風呂掃除を先輩の細野さんとやっていた。

熱海の合宿は毎月4泊5日で、風呂会議がどんどん盛んになる。

スマナサーラ長老の「アビダンマ」の解説は、それまで大乗仏教にしか接していなかった僕にとって、ものすごく新鮮で驚きの連続。まさに僕の仏教観を打ち破るものだった。

その論理性、繊細さ、明晰さ、そして分かりやすさ、僕は本当に素晴らしいと思った。

当時は日本テーラワーダ仏教協会のテープをIさんからもらって、自宅で聞いていた。

A面B面で計120分のものが、たしか35巻くらいあったと思う。

当時の僕は出版社を本格的にやるつもりはなく、できれば出家したいなと考えていた。

でもとりあえず出版社を作ったのは、父の本を出すためだった。

それが、サンガが出版した本の第一号『癒しの仏陀』(島影利八著)だ。

 

話は戻るけれど、「風呂会議」の中心議題の一つは、スマナサーラ長老のアビダンマだった。

細野さん「長老のアビダンマは本当に素晴らしいな」

僕「ほんとですね」

細野さん「あんたんとこ出版やってるんだから、本にしなよ」

僕「ですかね」

こんな会話を何回したか分からない。

僕は長老の本を出すのに異論はない。むしろそうしたかったが、会社を大きくして資金繰りに困るのが嫌だった。

でも、「風呂会議」が続き、テープを聞いているうちに、なんか具体的に考えるようになってしまった。

 

山喜房書店で市場調査

そしてまず、市場調査をすることにした。

それで選んだ書店が、仏教書を専門に扱う「山喜房」書店である。

行ってみて話を聞いてみた。

僕が長老のアビダンマ解説の構想を話すと。

店主「そういう本は1ページ10円で定価を考えるんだ」

僕「はあ。そうすると、考えていた第1巻のページは300ページ以上なので、3000円を超えますね・・。それでどれくらい売れるものですか?」

店主「100冊」

僕「1か月でですか」

店主「いや、1年で」

それだと月にだいたい8冊だ。

それでも『ブッダの実践心理学 第1巻』が誕生したのは、これが駄目だったら仙台に帰ると決心したから。

先立つものがなければそれ以上はできない。往生際が悪いのは僕の癖だ。

 

そして、2005年11月、ついに第1巻を出版した。

ところが驚くことに、これが月に1000部以上売れた。

僕は思った。

「こんなに読者がいるならやっていける、まさにこれからはスマナサーラ長老の時代だ」

そしてサンガは本格的に出航し始めた。

今、『実践心理学』シリーズは、累計5万部を超えている。