Blog ブログ

2020.11.12

イベント紹介 商品紹介

『テーラワーダ仏教ハンドブック2』刊行記念「ミャンマー仏教」連続セミナー

『テーラワーダ仏教ハンドブック2(ブッダの教え 上級レベル) 』刊行記念「ミャンマー仏教」連続セミナー

12月から全4回、開催決定

『テーラワーダ仏教ハンドブック2』刊行記念「ミャンマー仏教」連続セミナー

参加お申し込みは【コチラ】

 

テーラワーダ仏教ハンドブック2(ブッダの教え 上級レベル)

ミャンマー連邦共和国宗教省[著](宗)日本テーラワーダ仏教協会[日本版責任]西澤卓美[訳]

 

コチラの発売記念「ミャンマー仏教」連続セミナーを開催します。

ミャンマー国内のみならず、海外にミャンマーの仏教文化を発信することを意図して、ミャンマーの宗教省により制作されたシリーズの第2弾です。お布施の功徳、帰依の在り方、瞑想の修習など、在家仏教徒が知っておくべき内容が満載の1冊です。

本の刊行を記念してミャンマー仏教に詳しい3人の方々にご登壇いただき、テーラワーダ仏教が深く文化に根付くミャンマー仏教を様々な角度から学ぶセミナーを企画しました。

第1巻「基礎レベル」を翻訳いただいた影山幸雄(医師)さま、第1巻監修と第2巻「上級レベル」の翻訳を手掛けていただいた西澤卓美(ミャンマー仏教翻訳者、瞑想指導者)さま、そしてミャンマーで比丘尼をされ還俗後の現在は京都大学東南アジア地域研究所連携講師をされている川本佳苗さま(出家名スナンダ)にご登壇いただき、出家生活、在家の在り方、瞑想、お布施の功徳、仏教の息づくミャンマー文化のことなど、多角的にご講演いただきます。

みなさま、どうぞご参加ください。ミャンマー仏教を一緒に学びましょう。

 

NEW!!

『テーラワーダ仏教ハンドブック2 (ブッダの教え上級レベル)』(2020年)

テーラワーダ仏教ハンドブック (ブッダの教え基礎レベル)(2018年)

 

参加申し込み受付中!

『テーラワーダ仏教ハンドブック2』刊行記念「ミャンマー仏教」連続セミナー

参加お申し込みは【コチラ】

 

料金表

「通し券 『テーラワーダ仏教ハンドブック①②2冊』付(4130円お得)」 :15,000円

「通し券『テーラワーダ仏教ハンドブック2 (ブッダの教え上級レベル)』付(2450円お得)」 12,500円
「通し券『テーラワーダ仏教ハンドブック (ブッダの教え基礎レベル)』付(2180円お得) 」12,000円
「通し券(2000円お得)」 8,000円
「各回チケット」:2,500円

 

■日程とテーマ

〔第1回〕202年12月5(土曜日)15時〜17 
◎川本佳苗 

仏教におけるジェンダー問題~女性は悟れないって誰がゆわはったん? 

皆さん、こんにちは!えっと私がセミナーのトップバッターでかつ唯一の女性講演者ということで、やっぱり責任を感じています。だってサンガの著書って女性読者もすごく多いじゃないですか?なのに著者は圧倒的に男性が多いですからね。だから、仏教における女性の立場と、現代課題の一つであるLGBTQについてお話ししようと思います。ぶいぶいゆわしますのでご期待下さい!  (川本佳苗)

 

回〕2020年1218(金曜日)19時〜21時 
西澤卓美 
ミャンマーの出家とそれを支える在家信者~瞑想修行と戒律の生活 

 

〔第回〕2021年1月9(土曜日)15時〜17 
影山幸雄 
布施について 

 

〔第4回〕2021122(金曜日)19時〜21 
対談 西澤卓美×影山幸雄 
ミャンマー仏教 

※講演は1時間30分予定ですその後30分前後、質疑応答を予定しています。 

 

プロフィール

川本佳苗 かわもと・かなえ 

京都府出身。出家名スナンダ。京都大学東南アジア地域研究研究所連携講師。専門は仏教倫理(自殺・自死)と東南アジアの瞑想実践・仏教文化。2008年よりミャンマーの国際テーラワーダ布教大学に留学し、パオ(パーアゥッ)瞑想院で尼僧として修行する。2014年にタイのマハーチュラーロンコーン大学で修士号を取得後、日本学術振興会特別研究員(DC)・ベルン大学宗教学研究所研究員を経て、2017年に龍谷大学大学院で博士号を取得。国内外で広く活動し、“Love Incessantly Flows: Mae Naak, a NewAsianOpera Heroine Born outof a Thai BuddhistNarrative”(Contemporary Buddhism, 2017)、「パーリ経典に描かれる比丘の自殺と対話の意義」(『別冊サンガジャパン④ 死と輪廻』、2018)など多数の論文を発表。『K・N・ジャヤティラカ博士論文集 第1巻』を翻訳。Website: https: // kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/organization/staff-2/kawamoto/ 

 

 

西澤卓美 にしざわ・たくみ 

1966年長崎県生まれ。1996 年ミャンマーのマハーシ瞑想センターにて比丘出家。出家名ウ・コーサッラ。2004 年国際テーラワーダ仏教布教大学(B.A.)取得。ミャンマー各地の瞑想センターで修行。2007 年10 年間のミャンマーでの修行を終え帰国。日本全国でヴィパッサナー瞑想指導やアビダンマ講座を開催し好評を得る。17 年の比丘生活を終え、在家としてテーラワーダ仏教講座、アビダンマ講座、清浄道論講座、ヴィパッサナー瞑想指導、カウンセリングを行っており、COVID-19 をきっかけにネットでの指導活動の場を広げている。翻訳『マハーシ瞑想センター ウ・ジャティラ長老法話集』『ヴィパッサナーQ&A マハーシ・サヤドーと現代のヴィパッサナー瞑想法』、著書『仏教先進国ミャンマーのマインドフルネス』(サンガ)、『単語でカンタン! 旅行ミャンマー語会話』(J リサーチ出版)、監修『テーラワーダ仏教ハンドブック ブッダの教え 基礎レベル』(サンガ) 

 

影山幸雄 かげやま・ゆきお 

1960年、栃木県生まれ。東京医科歯科大学卒。医師。訳書にチャンミェ・サヤドー著『気づきの瞑想実践ガイド』、ミャンマー連邦共和国宗教省著『テーラワーダ仏教ハンドブック ブッダの教え 基礎レベル』(共にサンガ)など。