サンガ公式通販サイト / 【残3冊】サンガジャパン Vol.28 (2018 Winter)

【残3冊】サンガジャパン Vol.28 (2018 Winter)

通常価格:¥ 1,980 税込

¥ 1,980 税込

加算ポイント:18pt

商品コード: 301100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発売日:2017年12月25日
寄稿:アルボムッレ・スマナサーラ × 藤田一照 ,‎ 名越康文 ,‎ 熊野宏昭 ,‎ 川野泰周 ,‎ 佐々涼子 ,‎ バリー・カーズィン ,‎ 藤本晃 ,‎ 永沢哲 ,‎ 磯村毅 ,‎ 小川康 ,‎ 川島実 ,‎ 三砂慶明 ,‎ 島田啓介 ,‎ 井上ウィマラ ,‎ 大谷彰 ,‎
ISBN:9784865641103 C0015
A5判くるみ 本文328ページ

特集:医療と仏教――仏教が補完する医療の未来

【内容紹介】
医療と仏教―仏教が補完する医療の未来―


巻頭は精神科医・名越康文氏インタビュー
「なぜブッダは「医王」と呼ばれたのか?」である。
「心がすべての病の原因である」という考え方が、
現代の医療現場で暗黙のタブーになっている問題を指摘しながら、
現代医療がどのようにその壁を乗り越え、
真の意味で心と体の全体をとらえる医療として発展していけるのか、
その可能性を探究する。

つぎは医療の分野におけるマインドフルネスの泰斗・熊野宏昭氏が、
自身の経験を辿りながら西洋医療の限界と
日本的なマインドフルネスへの視点を提供する。
鈴木大拙の『日本的霊性』を手掛かりに、
在るべき医療の姿を模索する意欲的なインタビューだ。

そして「仏教と医療との邂逅」では
現役の精神科医にして禅僧の川野泰周氏が、
昨今のマインドフルネスブームの問題点と可能性、
そして日本の禅が伝え継いできた修行文化
の中にある治療的な側面など、医療と仏教の連関を考察する。

ダライ・ラマ法王の担当医を務める
Dr.バリー・カーズィンは現役のチベット仏教僧である。
チベット仏教と医療者をつなぐ架け橋として講演や瞑想指導で
世界中を回る彼にノンフィクション作家・佐々涼子氏が、
自身の手術体験をもとに、患者とその家族を
含めた心理ケアについてインタビューしている。

日本人唯一のチベット医である小川康氏には、
西洋の薬学を出自としながらチベットで修行し
チベット医となった自身の経験から、
チベットの文化とその中で機能する医療の在り方と、
そこから現代の日本社会がくみ取るべきものを描出いただいた。

「禁煙とマインドフルネス」では医学博士・磯村毅氏に、
マインドフルネス瞑想が依存症に対して
どのような効果を持つのか、
依存症のメカニズムと脳の機能に踏み込みながらご解説いただいた。

「僧侶になった「元プロボクサー医師」」は、
元プロボクサーで、東日本大震災後は気仙沼市立本吉病院院長
を務めた川島実氏へのインタビューである。
本吉病院院長時代から取材を続けていたサンガ編集部が、
東大寺で得度されたという川島氏に再会した。

本特集最後のブックレビュー「河合隼雄─医療と仏教をつなぐ人─」
では、従来の西洋心理学に疑問を呈し日本の心理学に多大
な影響を与えた河合隼雄氏の経歴を著作とともに振り返る。

(扉後半より抜粋)
-----------------------------
■目次

●特集「医療と仏教―仏教が補完する医療の未来―」

「なぜブッダは「医王」と呼ばれたのか?」名越康文
「日本的マインドフルネスとは何か」熊野宏昭
「仏教と医療との邂逅」川野泰周
「チベット仏教と死と医療」Dr.バリー・カーズィン/佐々涼子
「チベット医学と仏教」小川康
「禁煙とマインドフルネス」磯村毅
「僧侶になった「元プロボクサー医師」」川島実
「河合隼雄―医療と仏教をつなぐ人―」三砂慶明


●寄稿
「インド国立ナーランダー大学留学記」中村龍海

●連載
第2回「テーラワーダからみた禅」アルボムッレ・スマナサーラ×藤田一照
第2回「マインドフルネスを歩く」島田啓介
対談第3回 「マインドフルネスの諸相を探る」井上ウィマラ×大谷彰
パーリ経典解説第4回 アルボムッレ・スマナサーラ
第12回「日本仏教は仏教なのか?」藤本晃
第4回 「光の哲学 第一部 虹の身体」永沢哲

この商品のレビュー ★★★★★ (4)
この商品のレビュー ★★★★★
  • 2018/03/16 スエデンボルグの旅さん ★★★★★

    マインドフルネスにはもうあきたかな?

    すっかり金のなる木になってしまった感のあるマインドフルネス。本質を捉え続けるためには、より自分に引き着けた着地が必要でしょう。その意味で、熊野宏昭氏のインタビューは示唆に富む。日本的霊性とマインドフルネスの融合。熊野氏には問題意識と修行者マインドがある。

  • 2018/03/16 本間ちゃんさん ★★★★★

    伝説のプロボクサー医師・川島実さんが僧侶になってた!

    京大卒の元プロボクサー医師、川島実さんのインタビュー記事が載っててびっくりしました!
    東日本大震災後に宮城県気仙沼市の本吉病院で院長をされていたのは、テレビ『情熱大陸』をみて知っていたのですが、その後、奈良の東大寺で僧侶になっていたとは。驚きでした! 幅広い人たちを取材されているんですね。

  • 2018/03/16 仏弟子さん ★★★★★

    慈悲こそが治癒力

    『Samga JAPAN』は毎号、新たな発見や良書との出会いがあり、楽しみにしています。今回も冒頭インタビューで名越先生が、「慈悲の力こそが自然治癒力である」、と慈悲の重要性について語られていた記事がきっかけで慈悲の瞑想を始めました。習慣化したころ、サンガでスマナサーラ長老の『慈悲の瞑想』が刊行されたので、通販サイトで予約して購入し、日々の実践に役立てています。

  • 2018/03/12 大学生さん ★★★★★

    医療の未来はここになり

    医療の未来は、ここだろうなと思った。
    従来の医療の矛盾を補完するのは、仏教、
    そして「AIだ」と思う。
    理系の学問として、「仏教」の講座ができてほしい。
    欲を言えば、スマナサーラ氏の「医療」に対する記事が欲しかった。

新着情報

2020/07/13 「アーユルヴェーダティー」サマハン祭り 開催中!
スリランカの人気アーユルヴェーダティー「サマハン」の取り扱いがスタートしました。どうぞご利用ください。 ▼サマハンとは?▼ スリランカで古くから飲み続けれられている インスタントアーユルヴェーダティーです。 14種類のスパイスやハーブがブレンドされています。 溶けやすい顆粒タイプなので、お湯を注いでかき混ぜるだけでお気軽に お召し上がり頂けます。 ミルクや豆乳で割るのもおすすめです。ノンカフェイン。
詳しくはこちら
2020/06/19 トートバックSALE開催中! 6月30日まで(売り切れ次第終了)
トートバック単品購入で10%OFF、セット購入で20%OFF、さらにトートバックSALE開催期間中に1回のご注文で、1万円以上お買い上げの方にはクシナーラトートバックをプレゼント致します。
開催期間:2020年6月30日まで(在庫がなくなり次第終了とさせていただく場合がございます。)

2020年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋の有料化を行うこととなりました。 これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。
詳しくはこちら
2020/05/12 キャンペーン『ブッダの聖地2』先行予約者特典 2020年5月25日まで延長します。
2020年5月25日刊行予定(発送は、5月25日です) 『ブッダの聖地2――テーラワーダ仏教の現在‐タイ・ラオス・カンボジア編』事前申し込みの方限定の特別商品をそろえています。 どうぞご覧ください。 [開催期間]1月15日18時~5月25日 ※新刊ポイント10倍 ※2014年サンガインドシナツアー参加者には書籍を一冊贈呈します。 2014年ツアー参加者でその後、引っ越された方 info@samgha.co.jpまでご連絡ください。 ※セット④「スリランカ坐像(中・白)」または「セット⑤(スリランカ坐像(中・黒)」をご注文の方へ。今回のコロナ禍の影響で、坐像の入荷が遅れます。書籍とは別途、坐像を発送します。入荷が決まりましたら、お知らせいたします。
詳しくはこちら
2020/04/30 ゴールデンウィーク期間中の商品の発送につきまして
5/2~5/6のゴールデンウィーク期間中にいただきましたご注文は、5月7日(営業日)の商品発送とさせていただきます。ゴールデンウィーク期間中の商品発送はしておりませんので、ご了承ください。
なお、ゴールデンウィーク前の発送は、5月1日の午前中までのご注文とさせていただきます。
2020/04/16 巣ごもり「瞑想」支援セール(5月6日まで 延長の可能性あり)
「瞑想」「マインドフルネス」に関する書籍、 瞑想用坐布を2020年5月6日まで割引します(延長する可能性あり)。 新型コロナウィルス対策として、自宅待機が推奨されています。 サンガは、読者のみなさまがご自宅で「瞑想(マインドフルネス)」することは、会社にとっても、みなさまにとっても有意義なことではないかと考え今回のセールを実施いたします。 【坐布に関して重要なお知らせ】 製造所が業務をストップしており、在庫限りとなります。生きとし生けるものが幸せでありますように。
詳しくはこちら